開業コーディネーターブログ | 東京、神奈川のクリニック開業なら医院開業コミュニティ

03-6803-6349
トップページ当サイトの特徴医院開業の立地調査開業支援物件一覧

2022年もメディローカス、ビジョンFPオフィスを宜しくお願いします。

2022年になりました。本年も弊社メディローカスが運営しております「医院開業コミュニティ」サイトを通じて、
医院開業・経営ファイナンシャルプラン不動産コンサル情報を発信していきますので、よろしくお願いします。

2020年、2021年の2年間はコロナ禍の生活となってしまいましたが、今年はどうなるでしょうか。
やはり東京でも昨日1/4は151人の感染者となり、増え始めてきました。
世界では現在、フランスやアメリカは過去最高の感染者数となっています。
昨日、岸田総理はオミクロン株のリスク度合いについて言及しており、全てを隔離、全てを入院ではなく、
現状は、症状により判別していくよう各自治体の裁量に任せるとの事です。
それも超え、急激に感染者数が増加し、再び医療を逼迫するような状況になりそうな時は、
国民の行動自粛や行動制限をしていくとの言及がありました。

現在が2020年、2021年と違うのは、コロナワクチン2回接種済みもそうですが、ようやくコロナ飲み薬の承認がおり、
今年は普及される事でしょうか。
ついに、ラゲブリオ錠(モルヌピラビル)は調剤薬局に昨日流通され始めました。
オミクロン株はデルタ株より感染力は強いですが、毒性は弱いと言われています。
コロナ飲み薬によって、今年こそは行動制限なく生活できるかがポイントになっていくでしょう。

クリニック経営では、今年は2年に1度の診療報酬改定が4月にあります。
既に改定率は発表されましたが、全体的には若干のプラス改定、調剤薬局においてはマイナス改定となります。
昨年からコロナ臨時加算が色々と設けてありましたが、3月末でほぼ無しになりそうです。
診療報酬前に電子カルテを入れ替えするクリニックは、注意しておきたいところです。

昨年は、弊社のFP会社ビジョンFPオフィスでは、ファイナンシャルプランの相談が非常に増えました。
その一因としては、コロナ禍もありお金を使わなくなったことで、資産形成や投資などに興味を持たれた方が増えたことです。
また弊社メディローカスの顧問先クリニックで、開業して10年以上や15年以上経つクリニックが多数あり増えてきたため、
FPを使った節税対策、資産形成、不動産有効活用などの相談が増えたためです。
クリニック開業の最終ゴールとしてのファイナンシャルゴールに向けて、ビジョンFPオフィスでは中立公正な立場での提案や実行を遂行しています。
本年2022年も、引き続き医療経営メディローカス、FP会社のビジョンFPオフィス、不動産コンサル・管理のランドテックを宜しくお願い致します。

お問い合わせは、医院開業コミュニティ(運営会社メディローカス)まで。
不動産有効活用は、ビジョンFPオフィスまで*

2021年も弊社メディローカスをありがとうございました。

2021年、今年も弊社メディローカスをありがとうございました。
あっという間に年末となりました。
弊社は、年末年始診療をしているクリニックが2件ありますので、明日の大晦日も午前中はクライアント先のクリニックで経営コンサル業務を行います。

今年1年も昨年に続きコロナ禍の1年となりました。
夏場のデルタ株の大流行は、医療を崩壊しました。病院勤務の従事者には敬意を表します。
PCR検査や抗原検査を行うクリニックも大変な激務となりました。
コメディカルの人材離れも起き、経営の見直しを迫られるクリニックも出てきました。

9月下旬~10月に入り、急激に感染者数が激減し、冬の時期に第6波が来るとの専門家の予想も、
依然、感染者数は落ち着いております。若干、年末年始は人の往来が確実に増えるため感染者数は増加していくと思われます。昨日は東京は76人で先週より36人増えました。
ただ、今はオミクロン株が増えていくとの事ですが、重症化はデルタ株に比べて少なく、現在は1人、2人くらいの人数で推移していますので、デルタ株と同じように感染者を隔離して軽症者でも入院する体制に政府はするのであれば、
あっという間に満床になり医療は崩壊するでしょう。
その辺りのリスク度合いを含めて、岸田政権には早めにリスク度合いの明確化を示してほしいですね。

2021年は、医療の経営コンサルタント業務クリニック開業の物件依頼など大変多くの紹介や依頼があり成約となりました。また弊社ファイナンシャルプランナー業では、新規のFP問合せが複数あり、更に弊社クライアント先クリニックの多くが開業10年以上となり、よりファイナンシャルプランのニーズ・相談内容が増えました。
特にFPの不動産コンサル有効活用の相談が増え、ポートフォリオのアドバイスをしながら資産形成をし、
ファイナンシャルゴールへの道筋を示していきました。
来年もFPの相談不動産コンサルの相談は増えそうで、弊社総動員して、中立公正な提案をしソリューションをしていきます。
皆さま、よいお年をお迎えください。

お問い合わせは、医院開業コミュニティ(運営会社メディローカス)まで。
不動産有効活用は、ビジョンFPオフィスまで*

インフルエンザワクチン(メディローカス)

11月下旬となりました。段々寒くなってきましたね。
日中は暖かい日もありますが、朝と夜は急に寒くなり冬の到来を感じます。

さて、本格的な冬に入るとインフルエンザの流行が気になる時期になってきました。
昨年は、世界的なコロナ流行の年となり南半球などインフルエンザの流行はなく、
日本も多くの国民が感染症対策(マスク)を徹底したため、インフルエンザの流行は起きず、
インフルエンザ感染はごく少数に留まりました。
こんなに流行らなかったのも、ここ数十年無かったと記憶しています。

今シーズンは、インフルエンザの流行はどうなるのでしょうか?
昨年同様、南半球で流行はなかったですが、西アジアのインドやバングラデシュではインフルエンザの流行があり、
日本でも警戒感はでております。
ただ依然、コロナの感染症対策をしっかり行っている国民は多く、海外への渡航も少ない状態から、
果たして流行するのかしないのか、状況を注視していく必要があります。

弊社はクリニック開業医の先生方と数多くのお付き合いがあり、上記内容は内科の先生のみならず、気になっている情報となります。
インフルエンザワクチン接種は、今シーズンはワクチン仕入れが少し遅めの開始となり(インフル株の集出やコロナ影響のため)
10月、11月上旬くらいまでは、ワクチン数が少ないクリニックも多くあり、接種をストップしているクリニックもあります。
12月上旬にかけて、追加納品される予定となっており、今シーズンの接種完了は、いつもより遅くなるかたちになりそうです。

弊社メディローカスでの事務長業務や事務局フローでは、インフルエンザワクチンの仕入れスケジュールや数や金額などを把握しマネジメントを行って、院長先生は診療に集中できるよう努めております。
先日も弊社に相談があり、都内のクリニックに伺って院長先生のお話しを伺ってきました。
医師会からの書類や助成金や補助金の申請、レセ業務やワクチン管理、書類整理(往診含めた)など自ら院長先生自身で行われており、更に患者さんの繁忙期も重なり、かなり疲労困憊されておりました。
規模にもよりますが、こういうクリニックは非常に多いです。
まずは弊社の事務長経営コンサルメニューをご提案し、クリニック院内フローの見直しをしていくことになりました。

ご相談内容がある場合は、お気軽にお問合せください。

お問い合わせは、医院開業コミュニティ(運営会社メディローカス)まで。
不動産有効活用は、ビジョンFPオフィスまで*

クリニック開業物件(メディローカス)

早いもので、もう10月下旬になりました。
月日が経つのが早いです。
2021年8月には、コロナ東京の感染者は5000人を超え、医療も逼迫し大変な状況でしたが、
10月に入りグッと下がり、本日10/25は、東京は17人の感染者でした。
ここまで急激に下がった原因や要因は、専門家でさえ現状、分かっておりません。
10/1に長かった緊急事態宣言が解除され、経済の回復も政治行政が対策を講じて、動いていかなければなりません。

弊社のクリニック開業案件については、ここ数ヵ月で、開業物件の成約が3件も決まり、動きが大変活発になってきております。
都心や郊外含めて、開業希望医師から物件の問合せがあったり、クライアント先の開業医の先生からご紹介を頂き、物件の成約となっています。
クリニック開業の成功の鍵となる物件の選定は、50%を占めると言われます。
ご案内する医師には、しっかり物件の立地の特性や、周辺の競合医院含めた診療圏調査の内容等の説明をさせて頂きます。

ここ数年の医療業界では、企業の収益を優先にマネタイズ化も増え、自社開発した物件だけを強引に勧め、契約してしまい、後でトラブルになるケースもよく聞きます。
弊社メディローカスは、どの物件や調剤薬局にも縛られず、中立公正に良質な開業物件のみを紹介しており、
開業する医師の科目に踏まえた診療理念や診療方針を聞き、開業後の経営を知る弊社の強みを生かした事業計画・開業計画を作成し、物件の選定、開業支援と進めていきます。

物件の成約が増えておりますので、
なかなか動きが取りづらくなっておりますが、良い特選物件は非公開の水面下で決まってしまいますので、開業希望の先生方は、お気軽にお問合せ頂ければ幸いです。

お問い合わせは、医院開業コミュニティ(運営会社メディローカス)まで。
*不動産有効活用は、ビジョンFPオフィスまで*

中央区 JR八丁堀駅 徒歩1分 新築物件!!【メディローカス】

【都心、中央区JR八丁堀駅 徒歩1分の新築物件テナント募集!!】

非公開物件、東京都中央区 JR八丁堀駅から徒歩1分の9階建て新築コンパクトビルになります。
竣工したばかりの物件で、現在、水面下でいくつかのテナント応募があり、面談および交渉中です。
ビルオーナーは、全国で展開をしており、今後、東京にて展開していくビジョンです。
資産家のオーナーにて、コロナ禍の状況も踏まえて、諸条件として、
現在、1年間賃料は半額にて交渉中です!!

詳細な諸条件などお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせは、医院開業コミュニティ(運営会社メディローカス)まで。
*不動産有効活用は、ビジョンFPオフィスまで*

JR神田駅 徒歩1分メディカルモール募集【メディローカス】

千代田区、JR神田駅 徒歩1分のメディカルモール募集を開始しました!!
JR神田駅から直ぐの動線上の通り沿いの立地となります。
物件は10階建て、募集階は、1階2階(一括)、3階、5階で、
広さは、1階2階で52坪、3階20坪、5階20坪、皮膚科・小児科・心療内科・内科の募集をしております。

メディカルモール第二登栄ビル
https://ckcjapan.com/objects/1817/

既に耳鼻咽喉科・眼科・整形外科・歯科が同ビルに開業中ですので、
診診連携、相乗効果が期待できます。同ビル5階に調剤薬局もございます。
諸条件については、ビルオーナーへの応相談は可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせは、医院開業コミュニティ(運営会社メディローカス)まで。
*不動産有効活用は、ビジョンFPオフィスまで*

コロナ状況・クリニック経営メディローカス

東京オリンピックが開催中ですが、東京は感染者が増えていますね。
東京五輪の影響というわけではなく、デルタ株の感染力の強さが感染者数の増加となっています。
デルタ株は、水疱瘡と同等くらいの感染力と言われていて、大変脅威です。

弊社のクライアント先の発熱外来を行っているクリニックでも、PCR検査を行い陽性者が明らかに増えています。
陽性者の年齢層としては、やはり20代、30代が多く、40代、50代も以前より増え始めています。
高齢者は、コロナワクチンの2回接種が進んでいますので、60代以上の感染者は減っています。
怖いのがデルタ株の特徴は、若者でも軽症でも基礎疾患がなくても急変し重症化になることです。
死亡している方もでています。また若者で軽症の方に多く後遺症になりやすいと言われています。

政府はファイザーワクチンの開始が3ヵ月くらい遅れてしまったのが、残念ながら今の一因にはなっていますね。
現在も、コロナワクチンの供給が一時品薄状態になっており、若者など受けたいのにまだ接種できない状態になっています。
政府は、国民全体の接種が終えるのは、11月までにはと方針をだしました。

4回目の緊急事態宣言を発令している中ですが、感染者数の効果は全く出ておりません。
特定業種の飲食店に絞り営業の自由を制約しており、国民もさすがに昨年の4月のような行動意識をもつのは無理ですね。
医師会も提言しているように緊急事態宣言の中身を変えない限り、効果は全く期待できません。
私権制限を含めた法律改定をようやく与野党で話しがあがってきていますが、
政府の総理は欧州でロックダウンの効果はなかったと発言しており、あまり乗る気ではないようです。

弊社のクライアント先でも、明らかにコロナ疑いの患者さんは増えてきており、
発熱外来を行っている内科では、患者さんのフォローや膨大な事務作業に疲弊してきております。
雇用調整助成金の延長も決定し、コロナによる診療報酬の臨時算定も新たにでていますが、
政府によるワクチン接種率を待つのではない対策・指針を期待したいです。

7月に入り、弊社では新たにクリニック開業の依頼があり、事務長相談も先月に続いて更にきており、
このコロナ禍の状況がかえって相談された連絡となっている状況でした。
物件収集し、経営相談ではクリニックの運用フローを見直しを現在しております。

お問い合わせは、医院開業コミュニティ(運営会社メディローカス)まで。
*不動産有効活用は、ビジョンFPオフィスまで*

医院開業・医院経営のメディローカス(設立10年目に入りました)

医院開業コミュニティを運営しておりますメディローカスは6月で設立10年目に入りました。
医院開業医院経営の弊社業務にて様々な事がありましたが、全て経験値となり、これからに生かしていきます。
来月は東京五輪も控える中、コロナ感染者はまた増加しており、コロナ禍の中、クリニック開業はありますし、
クリニック経営に置いても増々、診療以外で負担になるような業務が依然、増えております。

新規開業では、開業物件の問合せは増えており、
先日も神奈川の勤務医師より県央地区での開業物件の収集依頼がありました。
弊社にご連絡がされる前に、3社ほど別の会社さんに物件相談をされておりましたが、
薬局会社からは自社の薬局が入居する物件しか紹介されず、偏りの物件アピールをしてくるとの事で、
中立公正な物件選定の紹介をしてほしいとの事でした。

開業医の先生からは事務長のご依頼が弊社に数件あり、先週契約となりました。
常勤の事務長が勤務していましたが、半年で辞めてしまったとの事でした。
常勤での事務長は必要ないが、クリニックのニーズ(事務長にやってほしい事)をこなして頂ける非常勤での
事務長を探されておりました。
弊社では、院長先生のご要望をお聞きし、科目に合わせた経営支援をさせて頂いております。
ここ最近、ご相談で多いのは、昔から多くの悩み事項の人材マネジメント、コロナ禍による助成金申請、
ICT化に移行するための準備などです。

弊社ではファイナンシャルプランナーの部門があり、主に経営支援や相続税対策による不動産コンサルティング
行っていますが、コロナ禍で不動産全般の相談が増えており、クリニックや調剤薬局の譲渡のご依頼が来ております。
また資産分散ポートフォリオの考えで有効活用の案件が昨年に続いてあり、現在、プロジェクトの企画をしています。

コロナ禍が1年半続いており、日本ではコロナワクチン接種のスピードを加速しておりますが、
飲食業界、宿泊業界の雇用は過去最悪の雇用低下率となっており深刻な問題となっています。
医療は、雇用の採用がかなり増えており、非常勤から常勤への希望が相当増加しております。

弊社では10年目に入りましたが、勤務医の先生、開業医の先生へのお悩み・ご依頼内容を
達成できるよう、変わらず弊社一同サポートしてまいります。
引き続き、宜しくお願い致します。

お問い合わせは、医院開業コミュニティ(運営会社メディローカス)まで。
*不動産有効活用は、ビジョンFPオフィスまで*

クリニック医療モールの開発

もう5月も下旬に入りました。緊急事態宣言も延長となり、更に6月も再び延長になりそうですね。
ここ最近、弊社にはクリニック事務長経営の相談がまた多くなりました。
コロナ禍が1年以上続き、補助金申請の煩雑さやスタッフの雇用が安定しない等、平時の時よりニーズが高くなっていると感じます。
伺ったクリニックでも、スタッフの定着ができず、辞めては求人を募集し何度も面接をし、採用となったが、
また直ぐ辞めてしまったと。雇用契約書は締結しているが、辞めますと言ってきて、引継ぎもせず何日か後に出勤しなくなった等、大変な状況で、院長先生は診療に集中できず疲弊されておりました。
人事の悩み、対業者への折衝など、どのクリニックも院長先生自身が行われている場合は大変で、なかなか診療だけに専念できない現状です。
常時の事務長までは必要なく、必要な時に必要な業務を手助けする、クリニックの事務局として弊社が窓口交渉する等、
今後も、できる限り、院長先生が診療に専念できるようお力になっていきたいと思います。

現在、弊社代表が役員を務めている不動産事業(https://landtec-lt.co.jp/company.html)では、医療モールの企画・開発をしております。
郊外型で、地域医療に貢献したい、安定した家賃収入を長期に渡って確保したいなど土地オーナーからのお声が、
また増えてきました。綿密に診療圏調査を行い、最良な物件のみ商品化していきます。
土地オーナーの収支計画がクリアするよう進めていきたいと思います。

お問い合わせは、医院開業コミュニティ(運営会社メディローカス)まで。
*不動産有効活用は、ビジョンFPオフィスまで*

ファイナンシャルプランナー(ビジョンFPオフィス)

本日、2021年4月25日(日)から、東京都は3回目の緊急事態宣言が開始されました。
5月11日までの発令ですが、感染状況によっては延長される可能性もありますね。
大阪ではコロナでの重症患者数が病床数を上回っている状態であり、大変厳しい状況が続いております。
N501Y変異株が流行し、重症化の速度が速く、10歳未満の感染率も高まっています。
東京も変異株が4割と増えており、大阪のようになることも想定できますので、そうならないよう政府も今回の緊急事態宣言の中身は、より厳しいものとなっておりますね。

弊社のクライアント先(東京・神奈川)のクリニックでは、1年前の緊急事態宣言と比べると大幅な患者数減にはなっておらず、標榜科目により増減はある状況です。
院内の感染対策や動線フローをしっかり行っておりますので、患者さんの受診控えは減ってきています。

政府は、標榜科目によりますが診療報酬の臨時算定を設けていますし、雇用調整助成金は依然、続いております。
雇用調整助成金の助成率は特例措置で10/10でしたが、5月からは9/10に減少すると言われております。
(緊急事態宣言の効果や日々の感染者数の状況により変更される可能性はあります)
弊社では、事務長・事務局として東京・神奈川の各クリニック経営支援を行っております。

この度、4月14日に弊社のファイナンシャルプランナー会社、「ビジョンFPオフィス」が、
まごころFP認定のファイナンシャルプランナーとなりました。
まごころFPとは、一定の審査に通ったファイナンシャルプランナーのみが属する中立公正なFP認定ブランドになります。
この度、ご縁があり、弊社FP会社のビジョンFPオフィスは、まごころFP認定となり、より一層、顧客から信頼できるFP
の名に恥じないよう、一層精進していきたいと思います。

ファイナンシャルプランナーには得意分野がそれぞれあり、弊社FPは保険会社や不動産会社に属しているFPではありませんので、独立系FPとして中立公正な立場で、ご相談・提案が可能です。
特に不動産全般・不動産有効活用、経営支援に特化したFP業務に力を入れております。

今まで長年、医療経営コンサルタントとして、開業物件の選定開業支援開業後の経営支援を行い、最終的にファイナンシャルゴールを掲げて業をしており、様々なドクターからのご相談(FP)がございました。
この経験を生かして、FPオフィスを立ち上げておりますので、お気軽にご相談頂ければ幸いです。

引き続き、医院開業メディローカス、FP業務のビジョンFPオフィスを宜しくお願い致します。

お問い合わせ03-6803-6349
物件の掲載申込はこちら
クリニック開発物件
開業コーディネーターBLOG
クリニック運営サイト
皮膚科 小児科経営サイト
ビジョンFPオフィス
株式会社ランドテック
クラフト株式会社
株式会社ラカリテ
メディコンサルティング
病院・クリニックのホームページ制作 ヒーローイノベーション