開業コーディネーターブログ | 東京、神奈川のクリニック開業なら医院開業コミュニティ

03-6803-6349
トップページ当サイトの特徴医院開業の立地調査開業支援物件一覧

往診から訪問診療

往診から訪問診療貴院では往診はされていますでしょうか。
外来中心のクリニックでも、
特定の患者さんの往診を行われているクリニックは多いと思います。

今まで外来を受診されていた患者さんが入院されたり、
退院できても在宅医療となるケースは増えていますね。

クライアント先で、
少人数からですが、訪問診療を開始されたクリニックがあり、
弊社でもサポートしております。

最初は当然ですが、往診と訪問診療の違いについて、
経験が無く分からないスタッフがほとんどでした。

訪問診療は、患者さんの同意を得て、計画に基づいて患家に訪問しますが、
在宅療養計画書(同意書)の準備、患者さんご本人やご家族への説明、
ケアマネージャーや他の医療施設との連携も重要ですし、
算定のルールについても理解が必要となりますので、
いきなり始める事は大変ですね。

患者さんの療養計画はもちろんですが、
どのように訪問していくか、算定していくかも重要となります。

訪問診療の基本的な内容ですが、
「在宅患者訪問診療料(Ⅰ)(1日につき)」については、
下記の「1」と「2」があります。

・在宅患者訪問診療料1
  イ 同一建物居住者以外の場合 833点
  ロ 同一建物居住者の場合 203点

「在宅患者訪問診療料1」は基本的な訪問診療の点数となり、「イ」「ロ」に分けられます。
同一建物との記載については、社会福祉施設やマンションなどの集合住宅に居住している患者さんに、
同一日に複数の診療をされるかどうかで、点数が大きく変わります。

また、下記の「在宅患者訪問診療料2」は、
在医総管などの算定要件を満たす他の保険医療機関からの依頼により訪問診療を行った場合の算定となります。

・在宅患者訪問診療料2
  イ 同一建物居住者以外の場合 830点
  ロ 同一建物居住者の場合 178点

基本的なケースを記載すると、
同一の患家について、1世帯で患者Aと患者Bの2名を診療するケースは、
患者Aは「訪問診療料」の高い方「イ」の算定、患者Bは「初・再診料」の算定となります。

また、同じ日にマンションなど同一の建物で2世帯を訪問するケースで、
1世帯目に患者Cと患者Dの2名を診療し、2世帯目は患者Eを診療する場合、
全員が「訪問診療料」の低い方「ロ」の点数の算定となります。

訪問する日を分ける事で、患者Cと患者Eは「訪問診療料」の高い方「イ」の点数を算定し、
患者Dは「初・再診療」の算定となります。
訪問日も考慮し、それぞれの点数を確認していく事は重要です。

訪問診療の交通費は、患者さんの負担となり、
診療時間が1時間を超えた場合は、「患家診療時間加算」があります。
「在宅患者訪問診療料1」に限りますが、患者さんを看取った場合は、看取り加算があり、
死亡診断を行った場合は「死亡診断加算」があります。

老人福祉施設など(常勤の医師がいないこと)への訪問診療や、
施設基準を満たしている内容については届出を行い、管理料を算定することも考えていかなければいけません。

今後、どこまで訪問診療を行うか、重篤な患者さんの対応など、
毎月カンファレンスを行い確認をしながら進めています。

クリニック事務長業務(メディローカス)

早いもので、新しい年度4/1になりました。
本日は5/1から変更となる新元号が発表されました。
「令和 れいわ」となりましたね。

心機一転、新たなスタートをされる方も多いと思います。
クリニックでも、診療形態を変更したり、新規採用で働かれる方など、
弊社のクライアント先で多く見られます。
また、先程も弊社の神奈川クライアント先の門前薬局から連絡がありまして、
管理薬剤師さんの変更、マネージャーの人事異動がございました。
4月は、色々と動きのある月になりますので、
クリニックとしては、業務の引継ぎや業者への対応など、
患者さんに迷惑がかからないようスムーズに変化への対応をしていかなければなりませんね。

弊社は、クリニック事務長業務・事務局業務を数多く行っておりますが、
色んな変化の対応には、慎重に且つ迅速に行うよう心がけております。
神奈川県、東京都と地域性で違いは多々ありますので、
エリアの特殊性を把握し、落とし込みをしております。

現在、弊社のクライアント先で、総合診療の分院展開を模索しており、
非常勤医師の配置、スタッフ募集を拡大し準備しております。
また別のクライアント先では、大型不動産として有効活用のご相談を受けており、
不動産を資産価値として見て収益還元法から土地有効活用のご提案をしております。

今年2019年は、消費税が10月から上がる予定で、診療報酬の措置もとられる予定です。
来年2020年は、東京オリンピック開催がありますので、引き続き不動産の価値は注目されております。
今年は、新規の動きとしてはチャンスでもあり、見極めも非常に重要になっていきます。

弊社は、不動産投資のノウハウがあり、FPの観点から的確に分析し、
新規開業支援コンサルを然り、事務長業務に関しても、変化の年に対応していきたいと考えております。

2019年 医院開業コミュニティ(メディローカス)を宜しくお願い致します。

新年あけましておめでとうございます。
2019年も、医院開業コミュニティ(メディローカス)を宜しくお願い致します。

弊社のクライアント先で、土日・祝日・夜間診療をしているクリニックが、
東京・神奈川で2医院ありますので、年末年始もクリニックの事務長経営コンサル業務を行っておりました。
患者数は通常の1.5~2倍の人数が来院されました。
やはり普段、お仕事で来院できない新患の患者さんが多かったり、
小児の患者さんが多かったです。

本日は、午前に一昨年発売しました花粉症の新薬、デザレックス自主回収の情報が入りました。
これから花粉症シーズンをむかえますので、恐らくデザレックスは処方できない可能性が高いです。
弊社は、クリニックの事務長業務を現在21件、行っておりますので、
こういった情報が入るのは、かなり早いです。
クリニック経営に関わることは様々な事があります。

今年は、新規クリニック開業案件、不動産有効活用案件なども現在、動いておりますので、
弊社一同、全力でコンサル業務を邁進していきます。

本年も、どうぞよろしくお願い致します。

2019年1月8日(火)
医院開業コミュニティ サイト運営事務局
メディローカス 社員一同

新規開業・事務長業務【メディローカス】

ここ最近、クリニック新規開業案件などの問合せや、
弊社クライアントの院長先生からのご紹介があり、日々対応に追われております。
クリニック事務長業務のご紹介も多く、弊社クライアント数は今年 更に増えております。
弊社医療モールの企画も現在 神奈川県で進めております。

新規開業案件では、23区で、土日祝日夜診療を行う総合診療クリニックの開業、
神奈川県央で、MRIを導入する脳神経外科の開業、
杉並区で、アレルギー専門で行う小児科の開業、
横浜市で、医療法人分院の心療内科の開業など進めております。

クリニック事務長業務では、今年に入り、5件のクリニックとご縁があり、3件のクリニックと新規契約をしました。
弊社では、現在20件以上のクリニックの事務長業務、事務局業務、医療ビル管理業務を行っております。
日々、クリニック経営に関わり、科目ごとやクリニック規模、開業エリアなどの様々な事例を体験し、
それをまた新規開業支援に生かしております。
開業後の科目による経営数字が分からずにして、新規開業の資金計画や収支計画書の事業計画書は信憑性に欠けてしまいます。

クリニック開業は、開業支援してゴールではありません。
開業してからがスタートになります。
新規個別指導の対策や厚生局への同席、実際の節税対策、医薬品・材料の各科目の原価率、医薬品・ワクチンの交渉による仕入れ値、
スタッフ人材マネジメント、医師会との繋がりなどの経験値は大変貴重で、全てのクリニックで生かされております。

開業物件のご紹介、開業支援コンサル事務長経営コンサルのトータルサポートのメディローカス
今後も宜しくお願い致します。

医院開業ドクター

今年も、もう10月に入りました。
最近の弊社への開業希望ドクターからの問合せで多いのは、60代の先生です。
今年に入り、3名の60代のドクターからの具体的な開業相談がありました。

開業動機は様々です。
クリニック開業するにあたって診療コンセプトを、明確にされているドクターと、
ぼんやりしているドクターがいらっしゃいます。
やはり、この年代だからこそ、クリニック開業を成功させるには、
ビジョン(診療方針)がしっかり定まっている方が成功します。

60代でのクリニック開業では、
ドクターとしての経験は当然 豊富ですので、その経験がクリニック開業の過信となってしまうと、
かなり厳しい状態になってしまう可能性がございます。
クリニック開業は、勤務医の形態とは全くと言っていいほど違く、
経営者となり、全ての決裁権をもち、人の雇用、マネジメント、経営といった全く異なる立場での
環境となります。
今までの経験が全てにおいて過信となってしまっては、
雇用する人材で退職者が出て苦労したり、患者数に苦労したりします。

弊社としては、開業までの開業支援コンサル、開業後の事務長経営コンサルで、
院長先生が診療に集中できるよう万全の体制で、きめ細やかにコンサル業務をしております。

今後、ますますこの年代でのクリニック開業は増えてくると思います。
よい先生との出会いを日々 楽しみにしております。

医院開業コミュニティ
運営事務局 メディローカス社員一同

インフルエンザワクチン(事務長経営)

2018年も9月中旬に入りました。
今年度も、インフルエンザワクチン接種の時期が近づいてきました。
弊社では、クリニック開業支援コンサルを行い、開業までが業務ではなく、
開業後の事務長経営コンサルまで業としております。

開業がゴールではなく、開業してからが本当のスタートとなります。
インフルエンザワクチン接種は、開業後 収益の大きな一つにもなり、
クリニック経営にとっては重要な事項であります。

昨年は、インフルエンザワクチンは稀にない品薄となり、
大多数のクリニックで大きな損害となりました。
10月からの接種が開始できず、流通も不安定で、完全に回復し流通したのは12月下旬でした。
12月下旬は、早ければインフルエンザが流行している時期なので、遅すぎました。

弊社 事務長業務では、インフルエンザワクチンの在庫管理を行っており、
適正かつ交渉を行い、患者さんに迷惑がかからないよう努めております。
杜撰な業者も多いので、日々忙しい院長一人では対応できないので、事務長コンサルとして重要タスクを
動いております。

今年度も、インフルエンザワクチンの流通は昨年までにはなりませんが、
少し厳しくなるのが予想されます。
事務長がいないクリニックでは、院長自身で、医薬品卸さん、各メーカーさんとも連絡をとり、
現在の状況と今後の見通しを聞き、担当者と話し合いをすることは重要となります。

クリニック事務長

クリニック開業支援、クリニック事務長業務を主業務としております弊社では、
クリニック経営の幅広い内容を熟知しております。
昔も今も、開業支援まで行う業者は多いですが、クリニック開業後のコンサル業務まで行う業者は、
ほとんどいません。事務長をうたって行う個人は増えております。

最近、全く経験もない方が、クリニックの事務長や非常勤事務長をやられている方が増えてきており、
当然、経営コンサル業務はできず、やっている仕事にあまり内容がなく高額な報酬をもらっており、
トラブルに発展したりするケースが増えております。
そういった相談が最近弊社に多く、事務長や非常勤事務長を探しているといった声が多く問合せがあります。

クリニックの事務長を探す主なポイント、選定するポイントを下記に記載します。

クリニックの事務長経験があるのか。ある場合は、どの標榜科目で何年くらい経験がありますか
事務長業務の内容を書面で出してもらう。御見積りも書面で出してもらう
③ クリニック会計の知識、標榜科目による収支や原価の知識、クリニック経営の知識が充分に備わっていますか
④ クリニック経営に纏わる業者への交渉の実績や上層部との関係などがありますか
⑤ 事務長業務の内容は、受付事務でも行えるルーチン作業ではないですか
⑥ 月の訪問日数、事務長業務の内容による報酬額の妥当性はありますか
新規開業の場合、新規個別指導の経験、実績はありますか
⑧ 非常勤事務長の場合、現在どのくらい他のクリニックで受けていますか。情報量やノウハウの違い

是非、クリニックの事務長、非常勤事務長を探されている院長先生は参考にして頂ければ幸いです。

医院開業コミュニティ
運営事務局 メディローカス

藤沢市 心療内科物件

藤沢市の医療モール物件情報です。
現在、内科・小児科・整形外科・眼科が開院中の医療モールで、
残り一区画 2階17.88坪 心療内科を募集中です。

1階は、スーパーのサミットが盛業しておりますので、
認知度・相乗効果は抜群の医療モールとなります。

諸条件など詳細内容は下記にてお問い合わせ下さい。
http://www.ckcjapan.com/contact

事務長経営コンサル【人事面】

もう2月下旬になりますね。
寒さが続き、今年は冬の寒さが長く感じます。

弊社は新規開業案件を本年も行いながら、
クリニック開業後の事務長経営コンサル業務も行っております。

ここ2年くらいのあいだ、弊社にクリニック開業後の相談ベースが
非常に増えております。
弊社は長年のクリニック開業後の経営支援・コンサル業務の経験値から現在も事務長経営コンサルを行っておりますが、
クリニック現場で体験するからこそ様々な問題が起きております。

先日、弊社にお問合せがあった相談内容は、
スタッフ総出で退職の申し出があったことでした。
この手の内容は、一瞬驚きますが、結構聞く・ある内容です。

スタッフの不満が溜まり、爆発させた状態です。
今回の理由としましては、いくつかありますが、
勤務形態を当初にない、当初の説明にない(雇用契約上にない)
勤務形態を了承なしに変えて実施したことが原因でした。

具体的に言いますと、
診療時間=勤務時間を変え、診療時間外を勤務時間にし、
法定内残業時間を発生しないように変更をしたことでした。

常勤スタッフならび非常勤スタッフは戸惑ったかたちになってしまったのでしょう。

専門家の法律的な観点から、
問題ないとの事で、クリニック人事面の運営を変えることは多々ありますが、やはりうまくいかなくなるのは、
今までの、そのクリニック運営の過程や経緯、スタッフの想いが組み込まれてないことが要因になると思われます。

まずは現場の背景を考慮しながら、院長先生の方針や考えを、
しっかりスタッフに説明し、同意をとりながら方針を変えていく作業をしなければ、やはりうまくまわっていかなくなってしまいます。

弊社では、事務長経営コンサルとして、
外からではなく、中からの視点で人事コンサルをしておりますので、
うまく院長先生の考えをスタッフに落とし込んでいくことができます。

今後も、少しでも弊社の事務長業務・事務局対応にて、
貴院の運営・経営のお力になり、院長先生は診療に集中できるよう弊社は努めていきたいと思います。

東京 神奈川 医院開業コンサル

2018年となりました。
昨年は、新規開業希望のドクター、既に開業されているドクターからの、お問い合わせが非常に多くあり、
弊社社員一同の力を結集し、開業物件の紹介、
開業支援コンサル、事務長経営コンサルの業務を行いました。

昨年は、多くのドクターとの出会いがあり、
日々充実したコンサル業務ができました。

今年は、昨年からご依頼を頂いている新規開業のコンサル業務、また昨年、大変多くご依頼がありました、クリニックの事務長経営コンサル業務を更に拡大していければと考えております。

弊社のクリニック開業後のビジョン•役割としましては、院長先生は診療に集中して頂き、診療以外のあらゆる経営面、人事面、レセプト業務、FP業務の4つの柱を構築していきます。

昨日も、クリニック開業して、2年半くらいのクリニック院長先生から経営相談があり、伺ってきました。
診療以外に、経営面、人事面を担っていましたが、
心理的に限界に達し、それが原因で本来の診療にも影響が出てしまい、スタッフに対しても強い接し方になってしまう悪循環となり、次々とスタッフが退職してしまう事態となってしまいました。

どのクリニックでも抱える問題ですが、
解決法は明確です。
院長先生が全て行うのは不可能であり、
うまくプロに任せることです。
長年得意としていて、実績•経験値•ノウハウがあるコンサルタントに任せ、院長先生は、本来のビジョンや診療方針を変えず、
患者さん第一のために、診療に集中することができます。
スタッフも当然、意識が高くなり、自意識に動いてくれるようになります。

弊社は今年、新しい業務にもチャレンジしていきます。
弊社業務である開業物件の紹介、開業支援コンサル、事務長経営コンサルまでのトータルサポートの強みを、多くの先生方に貢献していきたいと思います。

本年も、何卒よろしくお願い致します。

メディローカス 社員一同

お問い合わせ03-6803-6349
物件の掲載申込はこちら
クリニック開発物件
開業コーディネーターBLOG
クリニック運営サイト
皮膚科 小児科経営サイト
きくち総合診療クリニック
クラフト株式会社
株式会社ラカリテ
メディコンサルティング
病院・クリニックのホームページ制作 ヒーローイノベーション